えて助。です。
事業をやっていれば設備投資、運転資金の為の借入は、借金とはいえ、これは仕方のないことです。

事業での借入は、計画的に進め、出来る限りリスクヘッジする事を考える事が重要ですね。

えて助。の仕事は、デスクワーク中心の個人事業なので、大きな仕入が発生する事は頻繁には無いので、借入はありません。

依頼内容によっては発生するので、今後、そうなったらどうするか。
これは検案事項ではあります。


しかし、個人で購入する時の家のローン、車のローンは、ハッキリ言うと負債にです。

学費の借入、家のリフォーム用の借入はありましたが、借りた当月から返済始めましたし、繰上返済しまくって、早々に終わらせました。

えて助。小心者ゆえ、借金というのは。。。

大嫌いです!!!


※経済アナリストの中には、家は借金してでも、すぐに購入するほうが良いとい考え方もあるようです。

  たしかに、家を購入すれば、家賃などは以後は払わず、資産を持つことになる。

  車を所持することが、必要な人には、駐車場も敷地内も設ければ、毎月の月極駐車場の費用も

  かからないなど、の一面はありますね。

  

借金の中でも、消費者金融などで、生活費や娯楽、ギャンブルの為に借入する人。

はい、終わってます。

ちなみに、投資をする為に借金する人も上記と同じです。

投資をギャンブル的に考えているので、そういう考えで投資を行う人は、

必ず負けて負債を抱えることになるでしょう。

良識ある投資家ブロガーさん達の中でも、これは共通した見解のようです。

こんな人達は、資産を築いて、暮らしを豊かにできるこはないでしょう。



えて助。の周りには、当然、家や車の為にローンを組んだ人はいますが、

こういうタイプの借金をする人間は居ません。

ただ、以前の職場の先輩方の周りにはいらっしゃるようで。。。

職場の同僚や、社長がそういう人だったそうです。

職場に借金取りがきて玄関で暴れたりと、「ミナミの帝王」「闇金ウシジマ君」

の世界がリアルにあったそうです。

借りたお金は、当然の返すのが当たり前ですが、

先輩方が共通して言われていたことは、

こういう借金する人達って、「借りたお金は、自分の物で返さなくていい」

考えている節があり、周りから見ていても感じるそうです。

だから取立ての人が会社まで来ることになるんですね。。。



そういう人がもし、自分の周囲にいるのであれば、

「関わらない事」鉄則ですね。

関わる、近くにいるだけで、悪い運気を引き寄せてしまい、

自分にまでロクでもない事が起こってしまいます。


最後に、
 
「投資はあくまで、余裕資金で」

これは、投資の世界では鉄則です。


資産形成をする為に、バクチ的なことして損したら、何やってんだか分かりませんので。。。


gahag-0017846007-1
投資の世界で一か八かは絶対負けます。


スポンサードリンク