えて助。です。

えて助。の投資対象は、株式でも、投資信託でも、FXでも、仮想通貨でもなく、

「ETF」をメインにしています。



FX、仮想通貨、バイナリーオプションなどで、一気に大儲けようとしている方。

あなたにBNF氏・cis氏の様な天性の才能があれば、超速で大金持ちになれると思います。

でもほとんどの方は自爆すると思うので、辞めた方が良いと思います。

えて助。は、超平凡な個人事業主ですので、笑われようが、地道にやって行きます。


えて助。の名前の由来は、ETFから来ています。

えて →  「ETF」の「ET」の部分から「えて」

      ちまちま投資して、キィキィ笑っているので、猿なんです。

助  →  「スケベ心」を持つ事が、投資スタンスにも出てくるので、

     「助平」の助を取りました。

これを今からご説明していきます。


ETFとは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれ

ETF(上場投資信託)は、金融商品の中で「20世紀最大の発明の1つ」と言われています。


ETFは、テーマによって異なりますが、

株式がテーマであれば、優秀な企業の株式を数十、数百という数を集約して1つの投資信託を形成し、

その「投資信託」 を上場しています。


株式投資とは、上場した1企業の株式 = 個別銘柄を売買することを言いますが、

(これが一般的には、株式投資、投資というものに当たりますね。)

EFT(株式テーマ)は、優良な個別銘柄の集合体にして1つの銘柄としています。

個別銘柄は、その企業の業績によって、価格が激しく上下しますが、

ETFは、株式などの集合体であるので、1企業の業績だけで証券の価格が急激に上下せず、

値動きは緩やかになります。

つまり個別銘柄の業績による損益のリスクを軽減しているということですね。

※逆にいうと、個別銘柄の企業がの業績が好調な場合は、ETFの方が価格上昇は少なくなります。

情報収集、分析することで、業績、将来性が良好な個別銘柄を選択することは、もちろん可能です。

ただ、昨今の日本・世界の経済を見てみると、

世界的に有名な企業で、好調な業績を収めていても、業績が極端なんです。

減収数%ではなく、減収−95%とか、世界的な企業でも、まさに生きるか死ぬか。

TOYOTA、日産などの自動車業界、サムスン、ファーウェイ、SONYなどのハイテク業界などは、

その最たるもので、ニュースで業績が好調だと報じられた数ヶ月後には、

業績の悪化が報じられたり。。。どうなってんの?って感じです。

安定した業績を続けていくことが、いかに難しいか、ということが分かります。

※日本の企業の場合「経営陣がクソだから」という理由もありますが、これはまた後日。


生死
 企業の運営は、一寸先は闇、まさに生きるか死ぬか。。。


ETFはファンドマネージャーが、優良企業を選定し、ETFとして構成し、

組み入れ企業の入替も、世界の動向を見ながら行ってくれています。

また企業の倒産によるリスクに対しても、1企業が倒産しても、

数百、数十ある内の1企業分の損害だけと、リスクヘッジされているのです。

保有する証券の企業が倒産してしまった場合、その証券の価値は0円ですからね。

※えて助。の友人で、ライブドアの証券がゴミにしてしまった人がいます。


また、ETFは分配金が出ます


※逆に投資信託の場合は、分配金が出ない物が多いです。

  分配金相当を基準価格に反映して、資産の最大化を目指すようになっているからです。

  分配金を出さないので、課税を先送りでき、徴収されない分まで運用できます。

  長期運用で複利効果が大きくなる為、課税の先送りで、その効果はさらに期待できます。


でも、えて助。はETF派です。

投資信託は優秀な商品が近年、沢山出ていているので、えて助。もいくつか保有しておりますが、

現在は、ほぼETFへ資金投入しています。

では何故、、えて助。はETFなのか?

それは。。。。



「 個人事業主 」だからです。


投資信託は、分配金を出さず、基準価格を上げ資産形成をしますが、

仮に現金が必要になった場合、保有する投資信託を切り崩し、売却しなければならないのです。

せっかく積み上げて来た物を、切り崩すのは嫌です。

だからと言って、個人事業主は、現金が必要になる場合もある。

生活の為、事業の運転資金の為etc 。。。そうならない様にしていますが。。。。

でも、そんな時に分配金があれば、非常に助かります。

また、追加投資のタイミングがしたい時、分配金があれば、それを元手にすることができます。

追加投資したいと思うときは「絶好のタイミング」と思える時だから、

そこで元手が無いのは、非常に切なく、悲しいですよね。

もう一つ、それはえて助。が「 スケベ心 」を持った人間(猿?)だから(爆笑)

分配金って、保有証券の利益確定して行っているという事なんです。

所有し続けることで、未来永劫、分配金も入って来ますし。

このチリン、チリンと少額でも、手元に入ってくる事が、「スケベ心」を持ったえて助。には

たまらないのです。

「少額」というところは、「大きな額」になる様に、早くしたいですけど。

と言う理由で、えて助。はETFによる資産形成を軸に活動をしております。



 
 



スポンサードリンク