えて助。です。


個人事業主にとっての年金。

切替、支払い、そして将来受給される金額、非常に大事ですよね。

そこの個人事業主の方!切替はおすみですか〜?と声をあげさせていただいたわけですが、

今回は個人事業主の年金についてのお得な話。

『付加年金』についてです。


ネットで調べれば、色々と情報は豊富に出てくるのですが、

この制度は、国が計算間違いをして制度を作ってしまったのでは?なんて

冗談が書かれるくらい、将来的にお得になる制度です。

付加年金とは、

通常の国民年金:16,410円/月(令和元年度)に毎月400円を追加して支払います。

毎月16,810円の支払い。

受給する時の付加年金額は「200円×付加保険料納付月数」で計算できます。

例えば、20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の

年金額は次のとおりとなります。

支払額は400円 
 × 480月(40年) = 192,000円 で
年間の受給追加額 200円 × 480月(40年) = 96,000円/年 

この金額が、毎年支給されるようになります!

つまり、年金受給開始後2年で元が取れ、2年目以降、死ぬまで丸儲けになるんです!!

ちなみに

毎月の定額保険料(令和元年度:16,410円)を40年間納めた場合
⇒780,100円です。※令和元年度時点の金額
この金額と比べると付加年金が、めちゃくちゃお得だということがわかりますよね?

えて助。は、もちろん付加年金を支払うようにしています。


1点だけ注意があります。

通常の年金の分は遺族が受給できる遺族年金がありますが、

受給するまでに本人が死んでしまうと、付加年金で払った分は、無くなってしまいます。

早死にしたら、払い損です。

alcohol-428392__480
 暴飲暴食、喫煙など不健康行為は富裕層より、低所得者層の方が圧倒的に多い。


 

しっかり健康に気を使って、長生きしましょう!

スポンサードリンク