えて助。です。

証券会社が取扱いがある投資信託
企業が発行する株式の売買・運用を行う、いわゆる「株式投資」よりも、
購入しやすい、1円単位で購入可能、長期投資・長期資産運用に向いている
などから投資初心者でも、簡単に投資が可能で、資産形成にはもってこいの投資商品です。

税制面で優遇措置がある積立NISAでは、長期運用を基本とする為、
取扱商品は「投資信託」のみです。

しかも積立NISAにラインナップされている投資信託は、
国の審査基準をクリアした商品です。
クソ商品の毎月分配型投資信託」などは、一切ラインナップに入っていません。

その「投資信託」ですが、2種に大別されます。
一つは、通常の「投資信託」、
もう一つは、独立系投資信託会社が運用する「独立系投資信託」です。


通常の投資信託は、どこの証券会社でも取扱いが可能です。
ですから、SBI証券でも、楽天証券でも、マネックス証券でもどこでも購入が可能です。
取扱窓口を広く設けることで、投資資金を集めています。

一方の「独立系投資信託」は、
通常の証券会社では購入することができません。
セゾン投信の投資信託を購入する場合は、セゾン投信に口座開設をする必要があり、
ひふみ投信の投資信託を購入する場合は、ひふみ投信に口座開設をする必要があります。
たの証券会社の口座から、購入することはできません。
実はそういう点では、少し不便な点があります。

では、「通常の投資信託」と「独立系投資信託」では、
どちらが良いのか?

えて助。の考えは「独立系投資信託」です。
もちろん、一般の証券会社から購入することはできない、など
不便なこともあるのですが、やはり「独立系投資信託」です。

販売する商品である「投資信託」への責任の度合が、全く違うからです。
証券会社は沢山の商品を揃え、売買手数料が利益になるので、
正直、どの商品が売れても良いのです。
取扱商品の人気がなく、投資信託の取止め「償還」されてしまっても、
痛くも痒くもないないのです。

一方の独立系投資信託会社ではそうはいきません。
取扱い商品は、自社が企画、運用を行うもので、せいぜい2〜3ラインナップに限られます。
この商品が売れなければ、売上がなくなります。
この商品の運用成績が悪ければ、解約者が続出します。
解約者が多くなれば、運用資金が無くなり、「償還」することになります。
「償還」されては、会社が倒産してしまいます。
新しい「商品」を作れば、再び資金を集めることができるかもしれませんが、
自社ポリシーの、また自社の威信をかけた商品を運用できず、
償還してしまった会社が、再び顧客の信頼を得ることができるでしょうか?
えて助。は、そんな会社に自分の資産を預けたくはありません。

独立系投資信託会社は、威信をかけて自社商品の運用を行っているのです。
そして、全身全霊で運用することで、過去、驚異的な運用成績を残してきています。

セゾン投信は、
「インデックスファンド」セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
「アクティブファンド」:セゾン資産形成の達人ファンド
の2種類がありますが、どちらも着実に運用益を伸ばしています。
資産形成の達人ファンドは、アクティブ系ファンドながら、ここまで大きな損失を出さずに
大きな上昇グラフを出しています。

img_201904
「投資王子こ]セゾン投信 中野 晴啓代表取締役社長 
投資家にとって良好な投資環境を作るべくセゾン投信と立ち上げました。
著書は初心者にもわかりやすく解説されている良書ばかりです。


ひふみ投信は、
運用開始以来、基準価格が5倍へと伸びています。

pic_fujino
ひふみ投信のレオス・キャピタルワークス株式会社
藤野英人 代表取締役社長 
ひふみ投信で驚異的なリターンを作った投資業界のカリスマ


先程も言ったように、投資するには、それぞれの会社へ口座開設する必要があり、
その辺りは、少し手間ではありますが、長期投資により資産形成ということを考えれば、
ポートフォリオの主軸としておけば、確実に資産を築いて行くことができます。

えて助。は米国ETFを主軸として投資を行っていますが、
投資を始またのはセゾン投信からです。
そして、今現在も毎月積立で投資を続けています。
もう何年も積立投資しているので、当然、収支もプラスで、資産を増やしています。
今後もセゾン投信への積立投資は継続していきます。

セゾン投信の口座開設はこちら
【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

ひふみ投信の口座開設はこちら
ひふみ投信


ではでは〜。


独立系投資信託会社は投資家の味方です。


スポンサードリンク