えて助。です。

世界3大投資家の一人 ジム・ロジャース氏が来日し、
元経済産業省官僚の古賀茂明氏が対談しています。
IMG_8611

↓リンク先はこちら

https://dot.asahi.com/wa/2019092400053.html

ちなみに、世界3大投資家は
・ウォーレン・バフェット氏
・ジョージ・ソロス氏
・ジム・ロジャース氏


世界を代表する投資家が見る日本はどうなのか?
氏がインタビューに答えています。
インタビューのすべてのコメントが、
シンプルで、わかりやすく日本の問題を捉えています。
下記はインタビュー冒頭ですが、

日本は大好きで、素晴らしい国だと思っていますが、
残念なのは、毎年、毎日、人口が減っていること。
このままでは、生活水準を切り下げるしかないのに、
それが嫌なので、借金をして生活を維持している。
借金はどんどん増えていく。計算すればわかりますよね。
これは意見ではなく、事実。
日本政府と日銀はビジネスでお金を稼ぐのではなく、
紙幣を刷り続けて日本経済を維持しようとしている。
おかげで株価は上がったが、それで国民が豊かになったわけではない。
これはおかしいでしょう。
日本人も本当はわかっているはずです。このままじゃ危ないと。
だから、私は2018年秋に日本株を全て売ったのです。

ぐうの音も出ませんね。。゚(゚´Д`゚)゜。
流石、世界を代表する投資家。
現在の日本の問題を正確に見抜いています。

日本の投資家はこのコメントを見て、
自国だからという理由のみで、日本に投資しますか?
という問いかけについて、考えなくてはいけません。

投資には「リスク」は付き物です。(銀行預金にもリスクはあります。)
分散投資、商品選別によって、「そのリスク」を最小限に抑え、運用するのです。
識者であれば、誰が見ても日本への投資リスクは高いとすぐに分かります。
そんなリスクの高い日本への投資、これからも続けますか?

長期投資は、時間を味方につけることで資産を増やすことができますが、
これも「経済が成長して行く」ことが大前提です。
経済が衰退していく国も株を、長期投資しても資産は減るだけです。
日本は、長期投資しても利益が出ない国になるかもしれないのです。

えて助。は日本経済が潰れろ、なんて全く思わないです。
日本人(猿?)ですから、日本が経済大国のまま、
今以上に世界への影響力を持ち続けてもらいたいです。
強い日本、豊かな日本であってほしいです。

だからと言って、衰退する経済に投資して、
資産を減らして、自分の将来まで衰退させる気は毛頭ありません。
むしろ、海外へ投資し、そこで利益を得ることで、
それを日本経済に還元できれば良いと思います。

老後2000万円問題以後、iDecoの申込者数が急増しています。
資産運用する人口が増えるのは非常にいいことですが、
おそらく何も情報収集せず、日本だから、有名な企業だからと
投資してしまう情弱投資家が沢山いるでしょう。
全然儲からないと、長期保有せずにすぐに売ってしまう情弱投資家も沢山いるでしょう。
 
せめて、このブログを見てくださる人達は、しっかり情報を収集し、
長期スタンスで資産を増やしていってほしいと思います。
その為に、日本への投資リスクは、頭に入れておいてほしいことです。
 
えて助。はジム・ロジャース氏の言う通り、
「日本投資へのリスクは高い」に同意します。
今のままでは、経済成長もあまり望めない可能性が高いです。
だからアメリカへの投資を続けます。

アメリカ経済は
・生産年齢人口
・企業の優位性(ユニコーン企業)
・企業を取り巻く環境 
どれを取っても、経済成長の余地がまだまだあるのです。

今のところ、えて助。の投資スタンスは、
「米国投資」で全くブレなしです。

ではでは〜。

※日本経済への投資はリスクが高いですが、
  投資資金の回収率が高いソーシャルレンディング は別物です。
  ソーシャルレンディング は、米国投資との分散投資として、
  利用して行こうと考えています。

著名な識者のコメントはシンプルで分かりやすいね!