えて助。です。

NIKKEI STYLEのニュース記事です。

 ↓リンク先です。

logo_nikkei_style

海外勢の日本株投資、アベノミクスを「売り越し」

「バイ・マイ・アベノミクス(私の経済政策は『買い』だ)」――。
安倍晋三首相が国連総会出席の折、米ニューヨーク証券取引所で高らかに宣言したのは2013年9月のこと。
あれから丸6年。
日経平均株価の水準こそ当時に比べ約5割高を維持しているが、
最近の日本株市場は明らかに売買が減って盛り上がりに欠ける。
さらに、あるマーケットデータの時系列の推移を追うと、
重要な潮目の変化が浮かび上がってくる。
注目するのは海外投資家による日本株の累積の売買代金だ。
日本株の「買い」と「売り」を相殺したネットの「買い越し」「売り越し」の動向を見てみると、
アベノミクス相場下で一貫して買い越しだった海外勢の投資スタンスが最近売り越しに転じたことがわかる。
日本取引所グループは毎週、海外勢のほか個人や金融機関などに分かれた投資家別の売買代金を公表している。
アベノミクス相場の起点を12年11月第3週とし、週間データを積み上げると海外勢の日本株の買越額は15年5月に24兆円超まで膨らんだ。
それが19年8月第2週に初めて「売り超」となり、8月末では約800億円の売り越しだった。

足元では世界的な金融緩和の下、再び買い越しになったとみられるが基調の変化は否めない。
海外投資家は売買代金ベースで約7割を占める日本株のメーンプレーヤーだ。
先物市場では約8割まで存在感が高まり、ヘッジファンドやコンピューターを駆使した超高速取引(HFT)
など相場の動きを増幅する点でも影響力のある投資家が多い。
アベノミクス初期には海外勢がけん引し一気に円安・株高が進んだが、
もともと人口減少下の低成長に悩む日本への視線は厳しい。
米系運用会社インベスコ・アセット・マネジメントの佐藤秀樹社長によると
「日本株の調査や運用などに人を割こうという動きが減退している」といい、
実際9月には英系運用会社ドルトン・グループが日本拠点を閉じた。
欧州投資家による日本株運用の意欲減退」が理由という。
さらに10月には消費増税を控え「海外勢の間では個人消費失速の可能性が意識されている」
(JPモルガン・アセット・マネジメントの重見吉徳グローバル・マーケット・ストラテジスト)。
海外勢のアベノミクスへの評価が剥落する一方、
代わってメーンプレーヤーとしての存在感が増しているのが日銀だ。
日銀が主に相場下落時に買い入れる日本株の上場投資信託(ETF)の累計購入額は26兆円規模に膨らんだ。
ピーク時の外国人買い24兆円が丸ごと置き換わった構図だ。

いつか日銀が「売り越し」に転じる時、誰が代わって日本株の買い手となるか――。
アベノミクスの帰結はまだみえない。
 


このグラフを見てください。

アベノミクス売り越しグラフ

NIKKEI STYLEにも書かれていたように、
アベノミクスの日銀異次元緩和により、日本国が日本企業の株を購入しています。
その金額、現在までで約26兆円、
右肩上がりのラインが購入金額を示しています。
日本株のETFなので、間接的ではありますが、日本企業のほとんどが
大株主が日本国になります。(これじゃ国有企業じゃん。。。。)
大事なことはここからですが、
棒グラフの海外からの日本投資額です。
最初は上がっていますが、15年を境に下がってきています。
現在では、売り越しの方が大きくなっています。
海外からの日本への投資額が以前は24兆ありましたが、
それを日銀が丸々買い取ってしまった形になっています。
img_f8f40194e216558b6ca94b54b486c6e587769
 アベノミクスの出口戦略はどこに?。。。。

海外投資機関、海外投資家は、
「少子高齢化社会」「経済成長率の鈍化」「財政赤字の拡大」の問題を抱えた
「日本経済」に、すでに見切りをつけているのです。
これ以降、日本経済が右肩上がりに転じる材料が一切ないのです。
ではここ近年、日本経済が好景気と言われていたのは何だったのか?
それは、実体経済よりも、日銀による日本株の下支えがあったからです。

日銀の日本株ETF購入もいずれ終了し、売却に転じなければなりません。
ですが、海外投資機関は既に、日本投資に見切りをつけています。
次に日本に投資するのは誰になるのでしょうか?
そんな経済成長の見込みの無い国に投資する人は誰もいないでしょう。
いるとすれば、「日本はまだまだ底力があって復活する」って幻想を信じる
金融リテラシーの低い、日本の情弱投資家だけでしょう。

アベノミクスは麻薬的な施策なっていて、後遺症が心配されています。
日銀の異次元緩和が終わり、日本株の売却が始まった時、
日本経済も終了を迎えると言われています。

日本オワコン!ヽ(TдT)ノ

えて助。が投資ブログをしている理由は2つあります。
一つは、えて助。自身のため。
もう一つは、えて助。の周囲(ブログを見てくれている人)に人達に、
投資を始めてもらって、この厳しい時代を、少しでも豊かに過ごして欲しいと思うからです。


自分は裕福になれたとして、周囲の人が貧困で苦しんでいたら、
周りから自分が妬まれたりして、楽しくないですよね?
だったら、周りの人も裕福になれたほうが、みんなで笑えるし、楽しいですよね?

だから、当然日本人であるえて助。は自分の国のを応援しています。
ですが沈みゆく船に一緒に乗るつもりはありません。
それなら、海外投資で資産を作り日本へ還元した方が、よほど日本の為になります。
沈むことが分かっている船に、乗り込もうとしている知合いの人がいたら、
皆さんは止めますよね?
だから、えて助。なりの考えを、ブログで記事にさせてもらっています。

日本経済が本当に沈むかどうかは、えて助。も分かりません。
あくまでえて助。個人の見解ではあります。
ただ、投資を始めるにあたり、「日本への投資」には、
一度しっかり考えてみることをお勧めします。

ではでは〜。


えて助。は、日本株への投資は一切しません。


スポンサードリンク