えて助。です。

個人事業主ですので、頻繁にカード払いで決済します。
なんのことか分からない人もいるかと思いますが。。。。

個人事業主は3月に事業の決算を税務署に提出します。
これがいわゆる青色申告とか、白色申告と言われているものです。
毎年1月1日〜12月31日までの期間に
取引したお金の収支をまとめなくてはいけません。

この時、必要な物を購入する時に現金か、カードで支払いをしますが、
収支を帳簿につける時の手間が、カードの方が断然ラクなのです。

えて助。は楽天カードを使っていますが、
気をつけなければ生きないのが、楽天カードはリボ払いになっていることです。

リボ払いとは:
カード払いした金額を分割して月々で支払いをしていく支払い方法
月々の支払いを均一にできるので月々のやり繰りがラクなメリットがあるが
実質はカード会社に借金をしていることになる。
リボ払いには包括信用購入あっせんの手数料(リボ手数料)がかかる。
手数料は実質年率15%と高額。

pose_atama_kakaeru_man_credit
カードによって借金地獄に陥る人もいます。
気をつけましょう。

投資を始めてからというもの、こういう手数料を取られることが、
いかに無駄なことで、資産をドブに捨てているような事だと気づかされました。

えて助。は月々のリボ払いの金額設定を50万円(上限)にしています。
1月で50万円もカード利用しませんし、月々50万円のリボ払いは。。。ありえないですね。
こう設定することで、通常のカードとして利用することが可能です。

で、本題です。
リボ払いを利用することで、所有資金より大きな買い物ができることを
お得と勘違いして、リボ手数料で借金地獄に陥る人がいます。
えて助。も学生時代のアルバイト先に社外人の女の人がいました。
シフト制の仕事なので、空いた時間を使ってアルバイトに来ていました。
理由を聞くとカードのリボ払いで、お金が回らなくなりアルバイトをしているとの事。
大した金額では無かったので、しばらく働いて借金は無くなったようですが、
「実際にいるんだな」とっ衝撃を受けた記憶があります。

↓リボ払いの手数料の恐ろしさは
 リンク先のニュースをご覧ください。
money_syakkin_toritate

リボ払いは高利貸しの借金です。

自身で事業をしていれば、いずれ「必要な借金」に迫られる場面があります。
法人化、設備投資、従業員の雇用などですね。
それら必要な時に借金はしましょう!
リボ払いなんて無駄なだけです。

ではでは〜。


手数料に苦しめられるなんてヤダ!


スポンサードリンク