えて助。です。

10月も後半に入りました。
いよいよ、令和元年も終わりが見えてきました。

個人事業主は毎年1月1日〜12月31日までの収支を、
翌年3月半ばまでに申告しなければいけません。
「確定申告」と言います。

今はパソコンで「会計ソフト」を使えば、税理士に依頼しなくても、
申告に必要な書類を自分で作ることができます。
ただ、「売上」と事業に必要な「経費」の計算を自分でしなければいけません。
毎月、日を決めて入力していけば良いのですが、
えて助。は日々の業務に追われ、全くできていません!

昨年分の申告の時は、ギリギリ間に合いましたが、
本当に危なかったです。
確定申告の期限を過ぎて、提出した場合は、
申告によって納める税金+無申告加算税が課されることになります。

反省しましたので、少しずつですが、
入力作業を始めていくことにしました。

isogashii_hakui_man
今年の3月のえて助はこんな感じでパニック状態でした。


まずは、年間のおおよその収支の予測をつけます。
個人事業主は必要経費が認められています。

事業に必要な費用(光熱費や、消耗品など)を必要経費といい、
売上(収入)金額から、必要経費分を差し引くことができます。
ですから、おおよその収支を計算し、経費を使えそうであれば
必要な備品などを購入しておくことにします。

サラリーマンであれば、先に税金が決められていて給料から天引きされますが、
個人事業主の場合は、年間の収支によって課税される税金額が決まります。
ですので、認められる必要経費は使わないと、
必要な備品、設備は足りない、税金は高く取られると良いことがないのです。

今年はしっかり準備して、来年3月は余裕で確定申告する予定です。
できるかな。。。。

ちなみにえて助。は青色申告を「弥生の青色申告」を使っています。
やよい


ではでは〜。


既に領収書の山が。。。

 


スポンサードリンク