えて助。です。

えて助。は年末の資格試験に向けて、少しずつ勉強中です。
なんとか気分を乗せていかなければ行けませんね。

えて助。は職業「下級士業」と度々ブログで書かせてもらっていますが
「士」というからには、一応、国家資格を所持しています。
思い起こせば、血を吐くような苦しい道のりがあり、
苦労に苦労を重ねた末に合格しました。。。。

独立した現在も、定期的に関連資格を受験し続けています。
なぜか?
キャリアアップの為、ひいては年収UPの為です。

ここからはえて助。が考える「資格」についての考えです。
「資格」とういのは、持っているだけでは、何の役にも立ちません。
お金が稼げる訳でも、お金が増える訳でもありません。

司法試験に合格すれば弁護士になれて、年収1200万は堅い
と昔は言われていましたが、
弁護士になって、資格を活かすからお金が発生するのです。
昨今は、弁護士世界も「稼げない弁護士」が現れてきているようで、
どこの世界でも、楽して稼げることはないのだと感じます。

例えば、同じ知識・技能を持った2人の銀行の営業マンがいるとします。
一人は資格を何も持っておらず、
もう一人は、ファイナンシャルプランナー、簿記、宅建、不動産鑑定士などの
専門の資格を多数、所有しています。
あなたが、資産運用やお金の相談をするなら、どちらの営業マンに相談しますか?
やはり資格を持っている営業マンですよね?

資格を持つことで、その知識・技能が評価されるのです。
そして、これは資格を取得する必要性を感じ、
取得するための努力をした人間が得る特権です。
資格を取ることを躊躇い、努力を怠った人間が、後から文句を言っても何も始まりません。
努力しなかった人間がいけないのです。

green_card_eijuken
資格証は努力をした人間しか持つことができない物なのです。

社会に出てから耳にする話ですが、
「資格とっても実力がなかったり、仕事ができなかったら意味がない。」
なんて言う人間が一定数います。
仕事は時間の経過・経験とともに必ず、できるようになります。
日本で住んで育てば日本語が話せるのと同じで
日本で生きていれば、働くし、働けば仕事できるようになるのです。

しかし、資格は受けよう、取ろうと自らが決心しなければ
絶対に手に入ることはない物です。
資格は取ることにより自分の自信に繋がります。
そして、資格のために学習した知識が、仕事にも必ず良い影響を与えます。

「資格とっても実力がなかったり、仕事ができなかったら意味がない。」
とか言う人間は、確実に資格を持っていないでしょうね。

えて助。は非常勤講師をしていますが、
生徒には、授業の初めに必ずこの「資格」の話をするようにしています。
「価値のある人材として評価を受ける為に資格を取りなさい。」
「ネガティブな意見に耳を傾ける必要はない」
と。(笑)


↓資格情報を集めた「資格の王道」サイトです。
超難関資格から、誰でも取れる資格まで
色々な資格を網羅しているので、キャリアアップを考えている人は
一度のぞいてみてはいかがでしょうか?
title


ではでは〜。


自分の力を資格でさらに輝かせろ!

 


スポンサードリンク