えて助。です。

独立してすぐにしたことは、個人事業用の銀行口座を作ったことです。
生活費用の口座がありますが、しっかり分けないと
事業の売上や、支払いのお金の流れが、生活用のお金とゴッチャになってしまい、
事業のお金を管理する方法としては、あまり好ましく無く
また、確定申告で収支の計算をする時にも、非常に手間になるのです。
やよい
えて助。は「やよいの青色申告」を使っています。
可愛いこの子が確定申告を手伝ってくれるわけではありません。。。


公共料金その他、引き落としも分けて居たのですが、
毎年の確定申告で、本当に狂いそうなくらい、手間取ります。
そして何度も確定申告を行なっていると、
個人事業にとって、口座を分けることにあまり意味がないことを理解します。
「家事按分」というっものがあり、
支払ったお金は、生活と事業でどちらがどれだけの割合なのかを、
割り振ることができるのです。

ですから、生活資金用と事業資金用口座を分けることは必要ですが、
引き落とし口座を分散させていることは、正直、「百害あって一利なし」なのです。

ということで、生活資金口座から引き落とししていた、
残りの「生命保険」と「水道」の引き落としを切り替えました。
「生命保険」は書類を提出する必要がありますが、
水道など公共料金は、銀行にネットで申請をすれば、あとは銀行が手続きを進めてくれます。
あとは待つだけ。

TSU1933038A8450
お金を預けても、利子も着かない役立たずな「銀行」です。
手続きをやってくれるというなら、こんな時くらい働いてもらいましょう!


・・・・・・・なんでもっと早くしなかったんだろう?
と後悔してもあとの祭り。

今年分の確定申告は、少し手間取りそうですが、頑張リマス。
来年からは、お金の流れが一つの口座で管理できるので、
確定申告も楽になるはず。。。

ではでは〜。

確定申告は、毎月少しづつ処理しておかないと、あとで地獄だよ。。。(経験者)

スポンサードリンク