えて助。です。

個人事業主にとっても、投資家にとっても
資金繰りや、投資のタイミングなどで
所有するお金・資産の動きは非常に気に掛けることです。

そんな人にとってとても便利なアプリを紹介します。
その名も「マネーフォワード」です。

なんじゃい、知ってるわい!って突っ込んだ人は、
今回の記事はスルーしてください。(・∀・)

スクリーンショット 2019-10-29 22.34.26
アプリのアイコンはこんな感じで、可愛いですよ。

アプリは iphone でも android あります!
無料アプリです。(フル機能を使うには月々費用が掛かります)

このアプリ、何が便利かというと、
銀行・証券会社・ソーシャルレンディング ・仮想通貨・カード・ポイントetc...
ほぼ全ての口座を登録することができるのです。

登録した口座は、アプリと連携しており、
・入出金
・カード利用料金
・引落予定
・ポイント保有数
・投資商品の価格変動
がリアルタイムで反映されるのです。

スクリーンショット 2019-10-29 22.31.39

これは住信SBIネット銀行版のアプリの利用案内画面です。
様々な金融機関からマネーフォーワードのアプリがリリースされています。


マネーフォワードのことは以前から知っていましたが、
このアプリのことは恥ずかしながら、知りませんでした。
使ってみると、超便利!!!!

正直、一度使うと、もう手放せません。


ただ、このアプリ、
残念なのは、無料で登録できるのは10口座まで。
無制限に登録するには、月々500円のサブスクリプション制です。

えて助。は500円払っても、損はないアプリと思います。
・・・しかし、まだまだ毎月の配当金が少ないのに、
(正直配当金が無くなってしまうくらい)
やっぱり月々500円は勿体ない!

えて助。みたいに真面目な倹約家(笑)の方に裏技をお教えします!

実はこのマネーフォワードのアプリ、各金融機関からリリースされています。
先ほど紹介したオレンジ色のアイコンは「マネーフォワードme」
マネーフォワードからリリースされているアプリです。

そして、
スクリーンショット 2019-10-29 22.31.22
こちらは住信SBIネット銀行版。機能は同じです。
えて助。はこの2つを利用しています。


そしてそして。。。
スクリーンショット 2019-10-30 1.19.47

なんとこんなにもリリースされているんです!
左上のクラウド版など、若干機能が違う物もあると思いますが、
各金融機関のものは、ほぼ機能は同じです。

えて助。はこれを上手く利用して、
・個人事業用+生活資金用口座
・投資用口座+投資している証券口座など
と2つに分けて、必要な口座、カード、ポイントを全て登録しています。

個人事業と投資では、使い方が異なる資金なので、
アプリを分ける方が、なお便利なのです。

えて助。は正直、このアプリに病みつき状態です。
毎日、資産の動きを見るのが楽しくて仕方がないです。

よければ、お試しあれ〜
ではでは〜。


金融・投資のアプリはクソアプリ多いけど、これは神アプリ!


スポンサードリンク