▼サンケイビズのニュースより。

スクリーンショット 2019-10-30 22.20.01

政府、NISA恒久化見送り 富裕層優遇批判で困難と判断
 
政府、与党は16日、期限付きで導入された少額投資非課税制度(NISA)について、
恒久化を見送る方針を固めた。
恒久化は金融庁や証券業界が求めていたが、現行制度は富裕層への優遇だとの指摘もあり、
認めるのは難しいと判断した。  
一方、廃止すれば株価に悪影響を与える恐れもあるため、
制度設計を見直した上で時限措置で存続させる方法を模索する。

若年層など幅広い世代に資産形成を促すために創設された
長期積立枠「つみたてNISA」は期限の延長を議論する。
金融庁と財務省が詳細を詰めた上で、与党の税制調査会で検討し、
年末にまとめる2020年度の税制改正大綱に反映させる見通しだ。

14年に創設されたNISAは株式や投資信託の売却益などが
非課税になるのが利点で、年120万円を上限に5年間まで投資できる。
今年6月末時点で1161万口座が開設され、一定の支持を集めるが、
利用者は裕福な高齢層が多く、短期売買に使われているとの指摘もある。

つみたてNISAは18年に導入され、
投資枠が年40万円で投資期間は20年間だ。
開設口座数は147万にとどまるが、若年層にも浸透し、
長期的な資産形成の手段として評価されている。
ただ、新たに投資できるのが37年末までで、
今年から始めると19年間、来年からだと18年間と
投資期間が短くなる問題があり、
期限を延長して20年間の投資期間を確保するかどうかを検討する。

   


えて助。です。

投資家にとっては大事あニュースがありましたので、取り上げます。
一言で言うと、政府の見解がクソみたいな(怒)ニュースです。

最初に「NISA」と「つみたてNISA」の違いについて。
mca1910170500001-p1

「NISA」と「つみたてNISA」の年間の投資枠内の
投資は、「非課税」になり、利益が出た分にも税金がかかりません。
また、NISA枠では、株式、ETFの購入手数料も掛からなくなります。
国が国民の老後を見切れなくなることが分かっているので、
投資を根付かせ、国民自らが作った資産で、生活、老後を
生きて行かせるために作った政策です。

イギリスでは、この制度が恒久化されていて、
国民が投資によって、自ら資産形成していくことが
当たり前の社会になっています。

えて助。は現在、「NISA」口座で投資を行なっています。
えて嫁にも投資口座を、こちらは「つみたてNISA」で積立投資しています。

過去、えて助。自身の口座も
NISAにしたり積立NISAにしたり、
投資商品を変更するため、証券会社を変更したり、紆余曲折やってきて、
今はこのスタイルで落ち着いています。

著名な投資ブロガーの方々は、すでに資産を築かれているので、
NISA枠 120万円/年の枠なんかすぐに使い切って、
それ以上の投資を行っていらっしゃるようですが、
えて助。を含め投資初心者には、120万円はかなり大きい枠です。
年間の投資枠としては十分すぎます。
これが非課税枠として使えるのですから、投資を行うには、非常にありがたい制度です。

一方、つみたてNISAは、購入できる商品が投資信託のみと、
「投資」をするには、少し使い勝手が悪いのです。

金融庁・証券業界は「NISA」、「つみたてNISA」ともに恒久化を望んでいました。
国民にとっても、悪い話ではありません。

しかし政府は、「NISA」は富裕層への優遇措置だとの指摘もあり
恒久化を見送るようです。

馬鹿ばっかり!(゚д゚)、ペッ
終わってます。(_´Д`) アイーン

富裕層の優遇措置になるのであれば、
所得、資産による利用者制限を儲ければ良いのです。

というか、富裕層は、いくらでも資産を増やす術があるのです。
なぜなら、原資の「資産」とお金を増やすための「金融リテラシー」を持っているから。
NISAが富裕層の優遇措置になったのではなく、
富裕層がNISA制度を理解して、有効に利用しただけです。
マス層、低所得者層の人間も、同じように利用すれば良いのです。
ただ、原資が少ない分、富裕層に比べ資産形成には時間が掛かるとういだけです。
そして、何もしない、行動を起こさないのは、本人の責任です。

CCC9V9A9997
 なんで非課税措置をやねちゃんだよ〜!となげく。。。

いつまで、突出した者を叩くことを良しとする気でいるのでしょうか?
社会は富裕層がいて、マス層、低所得層とピラミッド型を形成していますが、
資本主義社会では、こうなるシステムなのです。

では、富裕層が悪、で低所得層が正義なのか?
資本主義社会において、富裕層は、莫大な税金を納め社会を支えています。
富裕層から富を取り上げれば、その他の層がその分裕福になる。なんてことはありません!
マス層、低所得層が社会を支えているように、富裕層も社会を支えています。
富裕層を潰せば、経済社会自体が潰れてしまいことになります。

特に、今後の日本では、経済を支えていく為、社会全体が投資して
経済を支えていくようにして行かなければならないのです。
イギリスは生産人口などではすでにピークは過ぎていますが、
投資することが国民全体に浸透しており、それで経済を維持しています。

なのに、自国の資産を産むコンテンツを潰そうとするばかりです。
このままでは国民を支援することが出来ない、枯渇した国になってしまうでしょう。

NISAにおいても、同じことです。
この制度を利用して、さらに富を増やす富裕層はいるかもしれませんが、
恒久化を辞めることによって、
マス層、低所得層の国民が、資産を築くための選択肢を狭められてしまうことが
大問題なのです。

国は本当に国民一人一人に、幸せに生活を送るための
資産形成をして欲しいと考えているのであれば、
国民それぞれに合う投資方法の選択肢として
「NISA」「つみたてNISA」の両方を恒久化すべきではないでしょうか?

いつまで、「お金を稼ぐ」ことが悪いこと
という、くだらない感覚を持ち続ける社会なのでしょう?
そんな価値観が残った社会だから、国民の所得金額が20年間も上がらず、
先進諸国から取り残されてしまっているのです。

情けない国だと感じてしまいます。。。。。

ではでは〜。


お金=悪、の感覚、それが常識と感じる社会がすでに負け組。。。

 


スポンサードリンク