えて助。です。

ソフトバンクグループ、孫正義の正念場です。

↓リンク先はここから
header_logo


■ "ウィーワークの失敗"を孫正義は越えられるか ■ 

ウィーワークへの投資失敗の影響は?

ソフトバンクグループ(SBG)会長兼社長の孫正義氏が、日本ソフトバンクを設立したのは1981年。
その後の歩みは立志伝中の人物のそれだ。
2001年に始めたブロードバンド事業ヤフーBBは巨額赤字を出し続けながらもシェア獲得に成功した。
06年の英ボーダフォン日本法人(買収金額1兆7500億円)、
13年の米通信大手スプリント(同2兆円)、
16年の英半導体設計大手アーム・ホールディングス(同3兆3000億円)と超大型買収を何度も手掛けてきた。

孫氏が現在、最も注力するのは投資総額20兆円を超すソフトバンク・ビジョン・ファンドである。
「人工知能(AI)革命はインターネットに続く革命」ととらえ、
中国のアリババ集団や米ウーバー・テクノロジーズなどに積極投資を続けている。
SBGの19年4~6月期の純利益は、アリババ株式の一部売却で1兆1217億円に上った。
ただ、100億ドルを投じた米シェアオフィス・ウィーワークの運営会社が上場延期に追い込まれ、足元が揺らぐ。一時470億ドルと見込まれた企業価値は200億ドル以下に。
孫氏と関係の深いアダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)は利益相反の疑いで19年9月に辞任。
ウィー社は赤字垂れ流しで成長期待がはげ落ち、資金繰りを不安視する声も出始めた。
頼みの綱は今なお保有株の4割を占めるアリババの含み益だが、米中対立激化で株価が弱含んでいる。
「危機のときこそ生きがいを感じる」という孫氏。
今回も活路を見いだせるかどうか、注目が高まっている。


孫 正義(そん・まさよし)
ソフトバンクグループ会長兼社長 1957年生まれ。
80年米カリフォルニア大学バークレー校卒業。
81年日本ソフトバンク設立。
96年ヤフー社長。
2017年6月より現職。




今や世界規模の投資会社になったソフトバンクグループ
「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で10兆円という
世界でも例を見ない規模の資金を集めましたが、
投資先であるレンタルオフィスの「WEWORK」の業績悪化のニュースが出たかと思えば、
間髪入れず、宅配サービスの「Uber」まで大コケのニュース。

決算発表でも「真っ赤か」と孫社長から報告がありました。
しかし、未だ強気の姿勢を崩さずです。

AAJFZcb.img
何度も起死回生を見せてきたソフトバンクグループ孫正義社長
今回がまさに人生最大のピンチ。


ソフトバンクG2年

ソフトバンクグループの直近2年のチャートです。
ソフトバンクグループとしては、ニュース・決算発表と悪いタイミングでしたので、
ここ2年間での最低ラインまで価格も下がってしまっています。

AI、テクノロジーへの先行投資で、ユニコーン企業を作り上げ、
漁夫の利を得ようとのもくろみでしたが、
いささか「急ぎ過ぎ」そして「供給多過」です。
正直、うまくいっていた企業も過剰な資金融資により、
経営を歪められてしまっているように見て取れます。
もちろんお金が、成長を加速させる側面はありますが、
テクノロジーの進化、ビジネスの成熟には、ある程度の時間がどうしても必要です。

「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の融資先には、
マネージャーが、派遣されるようですが、それにより
元のビジネスを歪めてしっまっているというニュースさえあります。

「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の融資先は、
海外で生まれたビジネスばかりです。
言い換えれば、日本社会の価値観、常識の中では生まれなかったビジネスです。
それに監視役として、日本の方にはめてしまうようなことをしては、
スタートアップ企業の良い部分は、すべて削がれてっているといっても
間違いではないでしょう。


ソフトバンクG10年


ソフトバンクグループの10年間のチャートです。
大きく根を下げたとはいえ、「もう終わり」ではありませんが、
今後、「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」がどうなって行くかは
楽観視できる要素は、今のところ見当たりません。

そもそも、決算発表で孫社長が発表した内容の
損益はWEWORKやUberなど、融資先の損失があったからですが、
含み益は、融資先の株価の一時的な変動によるものでもあり、
確定した利益では全くありません。
アリババへの融資が救いだと言われますが、
米中貿易摩擦、中国の経済成長の鈍化が暗い影を落とします。

これまで幾度となく起死回生でビジネスを成功させてきた孫社長です。
今回も、指をくわえてまっている訳はなく、
大きな舵を切って行くでしょうから、これからを注目して行きたいと思います。

頑張っては欲しいですが、そんなリスクのある船に乗りつもりはありません。
まだまだ、大化けする可能性を含んだファンドではありますが、
えて助。は、「値を下げた今が絶好の買い場」だと考えることができません。

ソフトバンクグループに投資するよりは、
小さな案件ごとに、リスクを抑えながら、投資ができる
ソーシャルレンディング に投資するとこをお勧めします。

ではでは〜。


ソフトバンクG倒産したら日本もやばいよ。。。



スポンサードリンク