一級建築士 えて助。です。

今週の株価の動向。
えて助。保有資産の動向を、毎日毎日見守ってきましたが、
この週末で、損益が−10万円を切りました。
ー9万円代まで回復しています。

コロナウイルス感染拡大により、一時は損益−40万円ほどになっていましたが、
平常に戻りつつある。一安心です。
コロナウイルスの感染拡大は止まっていませんが、
世界的にはピークは過ぎてきつつあることで、
世界経済は、ウイルスの混乱終息後へと向かいつつあるということです。

※おそらく、世界の中で、経済の回復が遅れるのは日本だと思われます。
 バブル崩壊後、経済が回復せず、デフレに陥ったまま、何十年と停滞したままだからです。
 えて助。が日本を投資対象から除外するのは、そういう理由からです。


economy-1294549__480
株価は、暴落があれば、必ずその後に回復します。
経済とは、そうなる仕組になっているのです。



しかし、ここから一気に株価回復とは、いかないと思われます。
一旦、止まってしまった世界規模での経済活動。
これが再び動き出して、世界経済が成長に向かうというのには、
少し時間が掛かるでしょう。
今のところ、えて助。はそういう考えでいます。

回復にしばらく時間を要するのであれば、
それはそれでOK!
しばらく、株&ETFのお買い得キャンペーンが続くということです。
これからも継続して投資していくことです。
現在、ー9万円代まで損益が回復したのも、
単に株価が回復しただけではありません。
暴落時でも定期的に投資してきたことで株価の取得価格が下がったことで、
損益のマイナスの回復が早くなっているのです。

アナリスト予想では、今後、株価の2番底、
つまりもう一度暴落が起こりうる。と言われています。
そのリスクを考えれば、回復傾向を示した株価を目の当たりにしても、
現金を全て、一度に注ぎ込むような無茶は出来ません。
毎月の余剰資金で、定期的に投資していく。
このスタンスで一歩一歩、進んでいきましょう。

※えて助。は先行き不透明な個人事業主です。
 突然、仕事がなくなったり、お金が無くなり生活が
 できなくなる可能性と常に隣り合わせです。
 現にコロナウイルス・非常事態宣言によって活動を制限されています。
 不測の事態に備えて、現在はできるだけ早く資産を作ることに
 重点を置いています。
 ですから、余剰資金よりは、少し多い割合を投資資金に回しています。
 個人事業に何かあった場合の、保険として。
 守ってくれる会社がない個人事業主の退職金として。
 不労所得を作ろうとしています。
 目標は、不労所得が月の生活費を上回ることです。

※投資は余剰資金で。
 投資の鉄則です。無理な資金投入をして勝負をかければ、
 それは「投資」ではなく「投機」になってしまいます。
 「投機」とはパチンコや競馬などと同じギャンブルとです。
 投資の世界では、一か八かの賭けに出れば、必ずと負けてしまうと言われています。
 それは、「投資」でなく「投機」になってしまい、
 冷静に状況が見れなくなってしまうからです。
 気をつけましょう。


ではでは〜。


とは言え、不労所得はまだ、スズメの涙程度。。。





1日1回、できれば応援お願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ