一級建築士 えて助。です。

ソフトバンクの株主総会が行われました。

ニュースサイト

そこのでの、この一言。
「当分、配当は期待しないで欲しい」

日本のメディアがどう見るかは知りませんが、
えて助。が感じたのは、事実上の「白旗降参」
株式などの資産持ちの企業ですから、それらを売却して、
とりあえずの巨額の資金を準備しました。
そして自社株買いを行い、自社の株価を上げて、
ひとまずは株主を納得さえよう。と言うったところでしょうか。

金融リテラシーの低い日本の株主なら、これで大きな騒ぎにならないでしょう。
ソフトバンクの今回の経営危機は、簡単に言うと、
「詳しく調べずに、目新しい投資先に金をばら撒いて、結果、大損こいた。」 
こんな経営者、許せますか?
アメリカだったら、即退場させられるでしょうね。

「当分、配当は期待しないで欲しい」
「役員報酬は、これからも大いに払って行きたい。」
「伸ばした株主価値に対する見返りはどしどし払っていきたい」

 この状況で、なんだかとてつもなく無責任な発言です。

「世界最大規模の投資資金を集めたファンド」
それに乗っかろうと、我先にとソフトバンクの株を買った人はたくさんいます。
株はあくまで自己責任です。
どこに投資しようと自由、どれだけ儲かっても、どれだけ損をしても自由です。 

無秩序な投資と感じたソフトバンクビジョンファンド。
えて助。は見向きもしませんでしたが、

それでも
「当分、配当は期待しないで欲しい」と言われれば、
じゃあ、あんたのとこの株はいらないよ! ってなっちゃいますね。


 ま、今後のソフトバンクがどうなるか、見守って行くしかないですね。
 
ではでは〜。

孫さんは、経営者としては天才ですが、元々、投資家ではないですからね。。。





1日1回、できれば応援お願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ