今月の配当2020.07

一級建築士 えて助。です。

8月になりました。
7月度の配当金の集計です。

7月度は配当のある銘柄が少ない。
 
■株&ETF
  • BND:406円
  • PFF:923円
  • VTI:471円
  • コカコーラ:396円
  • アルトリアG:162円
 合計2,358円(税引後)

■ソーシャルレンディング
 1,755円(税引後)

配当金合計 4,113円(税引後) 

一番配当が少ない月ですが、
ソーシャルレンディングの配当も下支えしてくれたおかげで、
今年度の目標、毎月の配当金5,000円も、達成間近です。
あと一押しです。


2020.07配当集計


続いて配当金集計グラフです。
オレンジが今年度の配当金です。
グングンと配当金を積み上げていってるのを、しっかりと実感できます。
先月で、昨年配当金の2倍分の配当金を受け取れることができました。
ここから、今年度でどこまで積み上げできるか。

今月で今年度分のNISA枠120万を使い切ります。
ここからどうするかが、悩みの種。
えて助。は個人事業主です。
事業売上から投資資金を捻出しています。
個人事業主の場合、投資資金はなんの節税効果も無く、
投資に使った資金は全て、利益として扱われます。
投資すればするほど、税金の査定が高くなる一方です。

先が見えない中、将来のことを考えて投資しますが、
投資による優遇措置は全くなし。
iDecoによる投資は、全額控除になりますが、預入した資金は60歳になるまで
引き出すことはできません。
特例はありますが、非常に厳しい条件ばかり。
急な資金が必要になった場合でも、利用できない資金なんて、リスクが大きすぎます。

個人事業をスタートさせて、3年ほど経ちます。
投資を始めたことで「お金」の勉強をするようになり、
「お金」の勉強を始めたことで、「税金」の勉強もするようになりました。
知識をつければつけるほど、個人事業主は、
優遇されていないことが沢山あることに気づかされます。
かといって税制面で優遇が多い法人化するほどでもない。

そんな訳で、来年の税金のことも考え出しています。
いざと言う時の、保険が必要です。
またご報告したいと思います。

ではでは〜。


税金は怖いです。。。





1日1回、できれば応援お願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ